診療を受けられる方へ

HOME / 診療を受けられる方へ / 回復期リハビリテーション病棟について

回復期リハビリテーション病棟について

一人ひとりの患者さんに合わせた個別リハビリテーションで、
在宅復帰を支援します。

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患・大腿骨頸部骨折などの患者さんが、発症から1か月を目処とした急性期リハビリテーションの後、家庭復帰を目的に、リハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
多くの専門家がチームとなり集中的な治療・訓練・ケアを行うことで、身体機能の回復や日常生活動作能力の向上を図るとともに、さまざまな社会資源や福祉サービスの活用を調整して、患者さんが家庭に復帰し、社会に参加することを目標としています。

早良病院では、チームの各担当スタッフが入院後すぐ、患者さんが寝たきりにならないように、起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなどの日常生活動作(ADL)への積極的な働きかけで改善を図り、家庭復帰を支援しています。

主な対象疾患:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、大腿骨・股関節・膝関節の骨折、大腿骨・股関節・膝関節の手術後、圧迫骨折

入院から退院までの流れ




専門チームの紹介

回復期病棟では、多職種協業の専門チームによる活動も推進しています。在宅生活に向けてより効果的な支援の提案を行っています。

摂食嚥下サポートチーム

嚥下ラウンドやカンファランスをしながら、訓練プログラムや安全な食べ方の提案などを行い、「可能な限り口から食べる」ことを目指しています。また、歯科衛生士や訪問歯科とも連携しています。

排泄ケアサポートチーム

記録をもとに排泄パターンを分析し、トイレでの排泄を目指しています。また患者さんやご家族のご要望も伺いながら、適切なケアが行えるよう助言・指導も行います。

栄養サポートチーム(日本静脈経腸栄養学会 NST稼働施設認定)

栄養の面からもリハビリテーションをサポートしています。回診やカンファレンスを行うほか、定期的に筋量測定を行い、リハビリテーションに活かしています。

認知症サポートチーム

離床を促し、生活のリズムを整えるためにレクレーション活動や個人に応じた支援の検討を行っています。リハビリテーションだけでなく、病棟生活の中でも支援できるよう提案しています。

診療実績について

回復期リハビリテーション病棟の実績について

早良病院の回復期リハビリテーション病棟では、理学療法、作業療法によるモーニングリハビリテーションをはじめ、理学療法、作業療法、言語聴覚療法による週7日制・365日のリハビリテーションを行っています。1ヶ年(H23年度間)に延べ72,413人の患者様に対して各リハビリテーション(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)を実施しました。

回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅰの施設基準に関して(H23.4~H24.3実績)
重症患者入院割合:20%以上の条件に対して平均32.4%の実績
重症患者の改善率:30%の条件に対して平均55.3%の実績
在宅復帰率:60%の条件に対して平均72.2%の実績
診療を受けられる方へ
外来のご案内
外来担当医表
入院のご案内
回復期リハビリテーション病棟について
早良病院
〒819-0002
福岡市西区姪の浜2丁目2番50号
092-881-0536


ページTOPへ戻る