診療科目

HOME / 診療科目 / 感染症内科

感染症内科

細菌による感染症の治療において、耐性菌を治療するだけでなく、生み出さない適切な治療を心がけています

感染症は様々な細菌やウィルス、真菌、原虫などの微生物によって引き起こされる疾患です。肺炎や気管支炎など呼吸器感染症や、腎盂腎炎などの尿路感染症はその代表です。細菌による感染症の治療には、抗菌薬(抗生物質)が使われます。抗菌薬の使用量の増加に伴い、抗菌薬の効きの悪い細菌(耐性菌)が急速に増加しています。当院ではこのような耐性菌を治療するだけでなく、生み出さない適切な抗菌治療に心がけています。

特色

難治性の感染症治療は、当院の常勤医と感染症専門医で診療に当たっています

 多職種(内科医、看護師、検査技師、薬剤師など)で構成された感染制御チームICT(Infection Control Team)で、検査室からのデータや薬剤部からのデータをもとに、耐性菌を含めた菌の検出状況や抗菌薬使用状況を検討し、毎週ラウンドで実施しています。また九州医療センター等の医療機関と合同カンファレンスを行い、院内感染対策やアウトブレイクへの対応を行っています。



主とする対応疾患
・肺炎・気管支炎などの呼吸器感染症
・腎盂腎炎などの尿路感染症
・感染性腸炎・胆嚢炎などの消化器感染症など

地域医療機関の先生へ

毎週木曜日午前に九州大学病院より感染症専門医が外来診療を行っています。
不明熱や難治性の患者さんなどご紹介下さい。 

診療科目
消化器内科
循環器内科
呼吸器内科
脳神経内科
リウマチ科
肝臓内科
血液内科
腫瘍内科
糖尿病内科
感染症内科
老年内科
整形外科
精神科(※初診は予約制)
リハビリテーション科(外来)
センター
リハビリテーションセンター
リウマチ・膠原病センター
専門外来
もの忘れ外来
早良病院
〒819-0002
福岡市西区姪の浜2丁目2番50号
092-881-0536


ページTOPへ戻る