診療科目

HOME / 診療科目 / 肝臓内科

肝臓内科

肝臓疾患は、早期診断と原因に応じた治療が必要です

肝臓は沈黙の臓器と言われ、病気が進行しないと症状が出ない場合があります。そのため検診等により、早期に異常を発見することが大事です。
肝臓内科では、血液検査と腹部エコー検査、場合によっては腹部CTにて原因と病気の程度について診断します。その診断結果により方針を総合的に検討します。

特色

B型肝炎、C型肝炎は現在内服薬での治療が中心になっています。最近増加しているのは脂肪肝、飲酒、薬剤による肝障害です。B型肝炎においては、核酸アナログ製剤、C型肝炎は経口抗ウイルス剤(DAA製剤)の投与の治療の治療を行っています。

肝臓癌はB型肝炎、C型肝炎に関連したものが多いですが、最近飲酒や非アルコール性脂肪肝疾患に起因したものも増えてきています。肝硬変が進行すると、食道静脈瘤、腹水が出現し、一部に肝臓癌が出現します。

今後は生活習慣に起因したものが増加することが予測されており、早期診断と原因に応じた治療はより重要視される傾向にあります。当院の検査にて肝臓癌、食道静脈瘤が見つかった場合は、適切な治療ができる医療機関を直ちに紹介させていただきます。



主とする対応疾患
ウイルス肝炎(A型B型C型)、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎(PBC)、薬剤性肝障害、脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝障害

こんな症状を診ています

・検診での肝機能異常、黄疸、尿の色が茶色等

地域医療機関の先生へ

B型肝炎、C型肝炎と「診断された場合や原因不明の肝機能異常が有りましたらご紹介ください

診療科目
消化器内科
循環器内科
呼吸器内科
脳神経内科
リウマチ科
肝臓内科
血液内科
腫瘍内科
糖尿病内科
感染症内科
老年内科
整形外科
精神科(※初診は予約制)
リハビリテーション科(外来)
センター
リハビリテーションセンター
リウマチ・膠原病センター
専門外来
もの忘れ外来
早良病院
〒819-0002
福岡市西区姪の浜2丁目2番50号
092-881-0536


ページTOPへ戻る