診療科目

HOME / 診療科目 / リウマチ・膠原病センター

リウマチ・膠原病センター

個々の患者さんに合わせた優しい医療を行うことをモットーとしています

当院は、この地域で不足しているリウマチ・膠原病分野の診療を充実すべく、2011年よりリウマチ・膠原病センターを開設しています。日本リウマチ学会の教育認定施設の指定も受け、活発に診療活動を行っています。

佐賀大学名誉教授・長澤浩平をセンター長とし、整形外科部長・大久保孝人志が加わり、また、非常勤として、福岡大学教授・中島衡も診療にあたっています。いずれも、豊かな経験を有するリウマチ専門医です。
最新の治療法を取り入れる一方、個々の患者さんに最も適した治療法を考え、行っていくことを第一の目標としています。
外来は、水曜を除く毎日行い、入院が必要な場合は、いつでも受け入れが可能ですので、安心して受診していただけると思います。

特色

高いレベルの診療を行いながら、患者さんにとっては受診しやすい優しい専門施設として

関節リウマチにおいては、生物学的製剤がかなり普及し、また他の膠原病においても、新しい免疫抑制剤が導入されるなど、この分野の治療法は最近10年間に目覚ましい進歩を遂げてきました。当センターでは、これらの最新の治療法も取り入れる一方、個々の患者さんの病状や社会的状況を考慮に入れた、最もふさわしい、優しい医療を行っていくことをモットーとしています。
経験豊かな内科医と整形外科医が緊密に連携した診療を行うとともに、リウマチ専門看護師の資格を持った看護師も診療の手助けをしていますので、患者さんにとっては、気軽に質問や相談ができると思います。いわゆるセカンドオピニオンも受け付けています。

当病院は規模としては、中~小規模病院に当たると思いますが、それによる長所をいくつか持っています。
第一に、小回りがきくことです。リウマチ膠原病では、時々急に病状が悪化したり、他の病気が出てくることがありますが、予約外でも受付をしますし、迅速に検査を行うことも可能です。
第二に、大病院のように、外来の待ち時間が長いことはありません。
第三に、初診の場合、紹介状はあったに越したことはありませんが、必ずしも必要としません。また、前もっての予約はあった方がいいのですが、予約なしの受診も受け付けています。

以上のように、当センターは高いレベルの診療を行いながら、患者さんにとっては受診しやすい優しい専門施設だといえます。福岡市西区から糸島市にかけての、数少ないリウマチ・膠原病の専門施設ですので、十分にご活用ください。



主とする対応疾患
・関節リウマチ
・全身性エリテマトーデス
・強皮症
・多発筋炎・皮膚筋炎
・血管炎症候群
・リウマチ性多発筋痛症
・成人スチル病
・シェーグレン症候群
・不明熱
・ベーチェット病

こんな症状を診ています

・関節や筋肉の痛み、こわばり、しびれ
・風邪とは思えない持続する発熱
・全身倦怠感、食欲不振
・手足の腫れや冷感
・皮膚の発疹や口内炎
・眼や口の乾燥感
 

地域医療機関の先生へ

関節リウマチや膠原病が疑われる患者さん、生物学的製剤治療を希望される患者さん、あるいは不明熱など、何が何だかよくわからない患者さんなどがおられましたら、是非ご紹介ください。この分野では、早期診断、早期治療が患者さんの予後にとって非常に重要です。当センターは面倒なことはありませんので、早めの受診をお願い致します。入院も積極的に受け入れていますので、どうぞご利用ください。よろしくお願い致します。
 

診療科目
消化器内科
循環器内科
呼吸器内科
神経内科
リウマチ科
肝臓内科
血液内科
腫瘍内科
糖尿病内科
感染症内科
老年内科
整形外科
精神科(※初診は予約制)
リハビリテーション科(外来)
センター
リハビリテーションセンター
リウマチ・膠原病センター
専門外来
もの忘れ外来
早良病院
〒819-0002
福岡市西区姪の浜2丁目2番50号
092-881-0536


ページTOPへ戻る