診療科目

HOME / 診療科目 / リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

失われた機能の回復の促進と、残存能力を最大限に伸ばすための治療や訓練で、
再び住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるように支援します

疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの障害に対して、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。失われた機能の回復を促すとともに、残存能力を最大限に伸ばすための治療や訓練を行い、患者さんが社会復帰出来るように支援します。
具体的には、主に立位や歩行、杖・装具の使用、車椅子駆動などの「移動」に関わることを理学療法士が担います。着衣や洗髪、排泄の動作などの日常生活動作の修得や、職場復帰のための身体機能動作練習などは作業療法士が担います。言語障害や発声、飲み込み動作などの練習は言語聴覚士が行います。
障害があっても、残った機能を最大限に発揮することにより、再び住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるように支援します。
 

特色

チーム医療による、最良なリハビリテーションの提供を目指しています

チーム医療を推進し、多くの専門職(医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・会議福祉士・医療ソーシャルワーカー等)がチームを組んで支援を行います。日常のコミュニケーションやカンファレンスなどを通して、専門的・多面的な視点で患者さんの状況や治療方針の確認を行い、最良なリハビリテーションの提供を常に目指しています。
当院の4つの機能(急性期病棟、回復期病棟、地域包括ケア病床、療養病床)に応じた支援を行い、回復期病棟は365日、地域包括ケア病床は日曜・祝日もリハビリテーションを実施しています。また、退院後も安心して住み慣れた地域での生活が継続できるよう、併設の訪問リハビリテーションンや通所リハビリテーションとも連携した支援も行っています。
 その他、歩行アシストや自動車運転シミュレーターなどの機器も取り揃え、より最適なリハビリテーションが提供できる体制を整えています。



主とする対応疾患
・脳卒中
・外傷性脳損傷
・脊髄損傷
・骨関節疾患(大腿骨近位部骨折、変形性関節症など)
・関節リウマチ
・神経筋疾患(脊髄小脳変性症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)
・呼吸器疾患(肺気腫、慢性気管支炎、肺炎など)

こんな症状を診ています

・失語、失行、失認、記憶障害、注意障害などの高次脳機能障害
・認知症
・眼球運動障害、構音障害、嚥下障害などの脳神経障害
・手足の麻痺、運動失調などの運動障害
・しびれ、痛みなどの感覚障害
・関節の腫れや変形、動きの制限
・息切れ

地域医療機関の先生へ

当院は回復期病棟でだけでなく、地域包括ケア病床においても充実したリハビリテーションが行えます。住み慣れた地域で、その人らしい生活が継続できるようリハビリテーションを通じて支援いたします。

診療科目
消化器内科
循環器内科
呼吸器内科
脳神経内科
リウマチ科
肝臓内科
血液内科
腫瘍内科
糖尿病内科
感染症内科
老年内科
整形外科
精神科(※初診は予約制)
リハビリテーション科(外来)
センター
リハビリテーションセンター
リウマチ・膠原病センター
専門外来
もの忘れ外来
早良病院
〒819-0002
福岡市西区姪の浜2丁目2番50号
092-881-0536


ページTOPへ戻る