病院案内

HOME / 病院案内 / 部門紹介 / リハビリテーション部

リハビリテーション部

当院には、疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなど様々な障害が生じた結果、リハビリテーションが必要となった患者さんが来院されます。私たちは失われた機能の回復を促し、残存能力を最大限に伸ばすための治療・訓練を行いつつ、本人や家族のご意向を確認しながら一人一人に応じた支援を心掛けています。

リハビリテーション部は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3職種、約50名のスタッフで構成され、回復期病棟、地域包括ケア病床、療養病床、急性期病棟の各機能に応じたリハビリテーションを提供しています。

また、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションも有し、退院後も連携してサポートできる体制を整えています。各スタッフが意見を出し合い、治療技術の向上に日々努力を重ね、より質の高いリハビリテーションの提供に努めています。

住み慣れた地域で、その人らしい生活を支援できるよう最善を尽くすとともに、根拠のある治療・訓練を提供できるように日々、自己研鑽に励んでいます。

理学療法について

生活に必要な基本的な動作(寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、移乗、移動等)獲得のお手伝いをします。動作のできない原因を追究し、それを解決する為の手段として物理療法や運動療法、動作の練習(その人に見合った効率の良い動作の練習)を行います。

  • 関節可動域運動
    肩複合体(肩関節など)の可動範囲を拡大する運動を行っている様子です。
  • 歩行練習
    右足に装具(支えや動きを補助するもの)をつけて歩く練習をしている様子です。
  • 屋外リハビリ庭園
    晴れの日や気候の良い日は、リハビリスタッフと開放的な屋上で歩行訓練を行います。

作業療法について

トイレ・食事・着替え・身だしなみ等、生活全般に必要な諸動作に関する練習を行います。また、精神面のサポートを行いながら、安心して生活ができるように支援していきます。

  • 園芸活動
  • 入浴訓練
  • 調理訓練

言語療法について

話す・聞く・食べるなどことばによるコミュニケーションや摂取嚥下に問題がある方の支援を行います。問題点を見出して解決するために検査を実施し、必要に応じて治療や訓練、指導などを行います。

  • 摂食嚥下訓練
    (飲み込みの練習)
  • 失語症検査
    (ことばの検査)
  • 嚥下造影検査
    (飲み込みの検査)

最新機器について

最新の機器を使い、安全で効果的なリハビリテーションが提供できるようにしています。

  • ドライビングシミュレーター
    高次脳機能障害などの患者さんが、自動車運転復帰に向けて運転に対する評価・訓練をサポートするための機器です。運転環境の模擬的な再現により、運転操作での手足の複合的動作を確認することができます。
  • アンウェイシステム(可動式免荷装置)
    体幹ベルトを着用し専用フレームと連結することで、転倒のリスクを減らし、足にかかる負荷(体重)を調整しながら、起立から歩行におよぶ動作習得をサポートすることができます。
  • 歩行アシスト
    効率的な歩行をサポートする歩行訓練機器です。腰周りに装着した機器は、歩行時の股間節の動きを内蔵されたセンサーで検知し、制御コンピューターがモーターを駆動します。また、蓄積したデータはiPadで可視化され、指導・助言に活用します。

通所リハビリテーション

当院の『通所リハビリテーション』は閉じこもり、転びやすいなど不活発となりやすい方に生きる力を取り戻し、生きがいを持って充実した生活を実現することをめざしていきます。『日常の生活』に目標をおいて、『こころの元気とからだの元気』を自己トレーニングと機能訓練を上手に組み合わせて作っていきましょう。

利用サービス内容

チームミーティング
看護師・理学療法士・作業療法士・介護福祉士がチームとなって毎日ミーティングを行い、利用者ごとのカリキュラムを計画します。
レクリエーション
グループ単位での脳トレや体操等を通じて楽しく運動機能とコミュニケーション能力の向上を図ります。
リハビリ
在宅に戻られても日常生活を過ごせるよう、歩行訓練だけでなく調理やアイロンがけ等の訓練も行います。
送迎
車椅子のままや電動シートでの乗車も可能ですので、車イスの方も安心してご利用いただけます。
入浴
広々とした大浴場に加えて、座ったまま入れる特殊浴もあります。
肩までお風呂につかり、心も体もリフレッシュできます。
静養室
疲れた時や体調がすぐれない時などに静養できるスペースを設けています。

一日の流れ

  1. 1
    通所リハ到着
    到着後、体温・血圧・脈のチェックを行います。
  2. 2
    入浴・個別リハビリ・集団体操
    健康状態をチェックしてから、それぞれの活動に移ります。
  3. 3
    嚥下体操
    お食事前に飲み込む能力や噛む力を維持・向上させる為の運動を行います。
  4. 4
    昼食
    普通の食事からペーストまで利用者様の状態に合わせた食事形態で提供しています。
  5. 5
    集団訓練・レクリエーション
    グループに分かれて小集団での運動を行ったり、全体でレクリエーションを行うなど、内容は様々です。
  6. 6
    おやつ
    15時になると、おいしいおやつを提供します。
  7. 7
    終了(送迎)
    お疲れ様でした。帰宅時も安全にお送りいたします。
通所リハビリテーションに関するお問い合わせ

ご質問や見学に関してなど、お気軽にどうぞご連絡ください

TEL092-881-0736 (直通)  FAX092-883-8761

訪問リハビリテーション

利用者様の「自分らしさ」を活かして、
それぞれの目標に向けてサポートします。

病気の症状や生活背景、趣味など各個人を取り巻く環境は様々です。私たちはそんな利用者様へ最適な目標設定を行い達成できる喜びを共有できる存在でありたいと考えております。

主に当院を退院された方を対象に自宅へ訪問してリハビリテーションを行います。身体の機能的な改善にくわえ、生活リズムや環境の改善など広い視野で利用者様をとらえ、充実した生活を送れるように支援します。

実際に行っていること
・体温・血圧などバイタルチェック
・生活状況の確認(食事量・水分摂取量・服薬管理・排泄・睡眠)
・ADL(日常生活動作)の確認・訓練
・外出機会の獲得(屋外歩行・買い物訓練)
・ケアマネジャー、通所施設、他訪問サービスとの連携、情報交換
・住宅改修、福祉用具の選択についての助言 など
  • バリアフリー等の検討
  • 健康管理
  • 買い物訓練
病院案内
院長ごあいさつ
私たちの原動力
沿革
病院概要
組織図
医師紹介
施設案内
部門紹介
広報誌
早良病院
〒819-0002
福岡市西区姪の浜2丁目2番50号
092-881-0536


ページTOPへ戻る